ごはんタイム♪

こんにちは♪看護師の鈴木です。

 

今日は、療法食のお話です!我が家の愛犬、小雪ちゃん。

昨年の夏に行った尿検査で「シュウ酸カルシウム結晶」

見つかりました。レントゲンでは、腎臓に結石も・・・。

 現在は、定期的な尿検査を行い尿石対応のごはん

食べています。

●尿石症とは?

尿に含まれる様々なミネラル成分が結晶化し、

腎臓や膀胱、尿道などで結石になり症状を引き起こす疾患です。

 

そのため、尿石の原因になるミネラル成分を調整した

             療法食を食べてもらう「食事療法」が大切になってきます。

 

尿石にもいろいろ種類があり、必要な療法食はその子その子で異なります。

必ず、獣医師の指示のもと、お家の子にぴったりのごはんを選んであげましょう! 

 

小雪ちゃんがいつも食べている

療法食です。

こちらの「c/d」はシュウ酸カルシウムにも対応。

 

健康的な長期投与にも適していて、

なにより小粒で食べやすい!

本人も美味しそうに食べています♪

 

 

尿石症の子は、再発を低減するために「療法食とお水以外は与えない」ことが大切です。

しかし、毎日食べるごはんです。たまにはお楽しみも必要ですよね!

 

そんなとき、我が家では「ユリナリーs/oトリーツ」を活用しています♪

最近発売された、尿石対応のおやつです!

いつものごはんに少しまぶしてみたり、ご褒美にあげてみたり。

美味しそうに食べてくれます(*^-^*)

 

療法食は、いろいろなメーカーさんからたくさんの種類が発売されています。

その子に合った療法食を選んでいただくことが大切です!

お悩みのからは、お気軽にご相談くださいね♪